無痛分娩での出産

無痛分娩とは、麻酔により、陣痛や、出産の時の痛みを和らげ、出産する方法です。
この出産方法は、痛みに弱い人や、パニックを起こしやすい人などにおすすめできるでしょう。

麻酔の方法は、大きく分けて2つあります。
ひとつめは、部分的に麻酔がかかる局所麻酔です。
ふたつめは、全身にかかる全身麻酔です。

麻酔は、子宮口が4〜5cm開いてから注入するものもあります。
これが、1番ポピュラーでしょう。
麻酔と聞くと産まれても、感じないからわからないのだろうと思っている人もいるようですが、これは間違いです。
無痛分娩という方法なら、産声を聞くこともできるのです。

初産がとても難産だった人が、2人目などを無痛分娩にしてみたら、とてもスピード出産だったという人は結構いるようです。

まら、無痛分娩には、メリットもあるようです。

妊婦の健診などで、毎回血圧が高いと注意されていた人などは、無痛分娩の麻酔剤には血圧を下げるため効果がありますね。
その為、妊娠中毒症などの人も、それが理由で無痛分娩にする場合もあるようです。

中には、あまりの痛さで、陣痛中にパニックになってしまう人もいます。
また、長時間にわたる、痛みで体力を奪われることもないでしょう。
痛みがないという安心感から、リラックスした気持ちで、お産に臨めますね。

心配される母体や、赤ちゃんへの麻酔の影響あまったくありません。
赤ちゃんへは、麻酔は流れないようになっています。
母体に関しても、専門知識を持った医師や看護士が、麻酔を使用しますから、安心してください。

出産関連エントリー