出産の平均年齢

年々、子供を産む年齢が高くなってきていると言われていますが、平均するとどのくらいなのでしょう?
1人目を出産する平均年齢は28.2歳のようです。

これは、晩婚の影響があるといえるでしょう。
婚期が遅れていけば、当然、出産年齢も高齢化していきますよね。

婚期が遅くなっている理由は、どのようなところにあるのでしょう。
単純に結婚できない人もいると思います。
他には、仕事が好きだったり、まだまだ自分のやりたいことをやっていたいなどいろいろあるでしょう。

逆に、できちゃった結婚など、10代や20代前半などで早くに結婚、出産をする人も増えてきています。
こうゆう人たちは、早く子供を自立させ、あとは夫婦でのんびりという感じになっていくのでしょう。

文頭でご紹介した、平均年齢28.2歳という数字ですが、1975年の1人目を出産する平均出産と比べると約3歳も違うのです。
ちなみに、1975年の平均年齢は、25.7歳となっています。

この、出産の年齢があがったことには、少なからず少子高齢化とも関わってくるのです。
単純に、子供の数が減ってきているといいますが、実際、高齢になるにつれ、妊娠・出産する事が難しくなってきていることは事実です。

年齢が高い夫婦ほど、不妊の率は高くなってきています。
また、出産を乗り切れる体力のほうも心配になってきますね。

実際「高齢出産」という言葉があるのも事実です。

出産関連エントリー