出産の方法

出産の方法は、ただただ、分娩台にあがって産むというものだけではありません。
一般的な、分娩台での出産はご存知の方が多いと思うので、他の出産の方法をご紹介していきます。
まず、最近、高齢出産の方などに人気のある無痛分娩についてです。
無痛分娩とは、読んで字のごとく、麻酔をし、脊椎神経を麻痺させ分娩時のあの強烈な痛みをなくす方法です。
無痛分娩は、陣痛がきていることもわかるし、いきむこともできるのです。
産まれた時なども、しっかり抱っこすることもできます。

次の2つは、助産院や自宅出産で用いられる方法ですね。

1つは横を向いて出産する方法で、赤ちゃんの向きにあわせて、右だったり左だったりと横向きに寝ながら出産します。
母親が横を向いていてくれると、赤ちゃんは広いところをうまくくぐりぬけることができ、出産もスムーズになると言われています。

もう1つはソフロロジーという今人気のあるものです。
簡単に言うと、出産のイメージトレーニングについて勉強するのです。
これを学ぶ事で、陣痛時にα波というものがでて、穏やかな気持ちで出産に臨むことができるといわれています。
出産方法は、探せば他にもたくさんあるのかもしれません。
出産は1人の赤ちゃんに1回きりの大切な瞬間なので、自分の納得のいく出産方法をみつけてください。
また、出産方法が決まっても、その希望にあった方法で出産をさせてくれる病院や施設がすぐに見つかるわけではないでしょう。

出産関連エントリー