出産時、難産にならないために

まず、難産にならないために、1番大切なことは、太りすぎないことですね。
妊娠中は、なかなか今まで通り体を動かせなくなるので、多少、太る事もあるでしょう。

胎盤や赤ちゃんの重さを考えても、妊娠前の体重から10キロ以上太ってしまうのは、ちょっと太りすぎでしょう。

しかし、太ってしまったと言っても、妊娠36週前にダイエットなどはしてはいけません。
体を動かすことで、お腹も張り、早産になってしまうこともあります。
妊娠中は、食事でうまく体重管理をしましょう。

また、妊娠37週をすぎれば、できるだけお腹の中で育てたいですが、いつ産まれても問題はないです。
出産に備えて、1時間ほど散歩をすることもいいことでしょう。

また、妊娠中から難産になるだろうと医師のほうから言われる場合もあるようです。
その場合は、出産予定日を待たずに、陣痛の誘発剤などを使い、早めに出産を進めるところもあります。

難産であるためのリスクはいったいどんなことがあるのでしょうか?

それは、赤ちゃんがお腹のなかで、大きく成長しすぎることです。
大きくなりすぎて、骨盤に頭が入らなくなってしまうと、帝王切開になってしまうので、母子ともに問題なければ、出産の時期を早めます。

また、赤ちゃんにへその緒が巻きついてしまっている時などは、難産になりやすいですし、あまり長くそのままにしておくと首にへその緒が巻きついて窒息死してしまうこともあります。

出産関連エントリー