出産時の陣痛について

初めての出産を間近に控えた妊婦さんの1番の不安は、陣痛がどのくらいの痛みなのかということが多いようです。
初妊婦さんの中には、陣痛の痛みかと思い、病院に行ったら間違いで返されたという人も少なくないようです。

妊娠後期に入ると、ほとんどの方が、頻繁にお腹が張ったり生理痛に似た痛みを感じます。
この時期の痛みはとても不規則に起こっています。

これが、規則的になると陣痛の始まりなのです。

人によっては、おしるしという出血があった後に陣痛が始まったりもします。
また、破水の後で陣痛が始まる場合もあります。

このほかにも、おしるしや破水が起きる前に陣痛から始まる事もあります。

だんだんと、不規則な痛みが20分おきなど規則的になってきます。
病院に行ったときに、何時頃から始まったかなど聞かれるので、書いておくといいでしょう。

初産の場合は1時間に6回以上で10分間隔になったら病院へ連絡しましょう。
そういっても、初めての方は、不安と心配で、かなり早くに病院へ電話する人も多いです。
もしくわ、家で陣痛かどうかわからず、ドキドキしている人も多いでしょう。

陣痛がきてからの出産するまでの時間は、どのくらいなのでしょう?

初産の人では、約12〜15時間くらい。
経産の人では、約6〜8時間くらいと、言われています。

中には、早い人もいて、3時間くらいで生まれる人もいるようです。
逆に、難産で3日がかりという人もいるのですね。

出産関連エントリー