出産時の病院選び

妊娠検査薬などで、妊娠の可能性がわかった時などに、まず初めに迷うのは病院選びではないでしょうか?

あらかじめ、この病院で産みたいなどと、いろいろ調べている人もいると思います。
そんな方達も、決め手になったところがあったのではないでしょうか?

病院は大きく分けると…
・個人病院
・総合病院
・助産院
この3つになるかと思います。

この3つの病院の特徴などを、それぞれご説明していきます。

まず、個人病院です。

個人病院は、基本的に先生が1人、もしくわ2人という所が多いと思います。
その為、毎回の検診から出産まで、同じ先生に見てもらえて安心ですね。
ただ、お産が入ると、診察が一時中断するということも、少なくないと思いますが、これはしょうがないですね。

次に、総合病院です。

総合病院の良さは、設備の充実と何かあったときの安心感でしょうか?
小児科が併設している所が殆どですから、赤ちゃんに何かあった時もすぐに見てもらえますね。
総合病院は、何人もの先生が交代で見ていますから、診察に行くたびに違う先生ということもあると思います。

次に、助産院です。

助産院は、なんと言ってもアットホームなところが魅力的ですね。
個人病院・総合病院ともに、分娩台にあがってなどという出産方法ですが、助産院は少し違いますね。
とにかく自然な形で、温かい雰囲気の中で産めるでしょう。
ただ、助産院で産む為には、妊娠経過が順調であることが最低条件になってきます。

出産関連エントリー