満月の日の出産率

夜中や朝方から陣痛が始まることが多いというのはよく聞きますね。
これと同じように、出産も多い日があるのです。
それはいつなのでしょうか?

実は、満月の日は出産が多いと言われています。
これは、テレビや本、病院で働く人たちの間でも噂となっていることですね。

この他にも、低気圧の時などにも出産が多いともいわれます。

少しアメリカの博士のお話をご紹介します。
この方は、「満月または新月の時期に出産数が増加する」と述べていたそうです。

日本でも、同様な研究は様々なところでされているようです。
日本の研究の例をあげてみましょう。
この研究では、2000人の出産を対象としていました。
研究の結果は、満月と新月の前後に出産があったケースが10%近かったと報告されています。

この他にも、反対派などの意見もいろいろ主張されたりしていますが、実際は、どちらともいえないのが現状のようですね。

きっと、本当に自分が出産した日が満月だった人達は、この噂を信じていることでしょう。
妊娠中や出産のどには、様々な噂などが多いですが、意外とあてはまっているものばかり見てしまうものですからね。

さて、この満月に出産が多いのではないかという研究ですが、初妊婦か経産婦かどうかでも違うようですね。

この研究の結果では、経産婦の方が満月に出産していることが多かったようですね。

このような結果には医学的な根拠があるとは言い難いですが、出産を間近に控えた妊婦さんなどは、ちょっと外をのぞいてみるのもいいかもしれませんね。

出産関連エントリー