出産時の呼吸法

ドラマなどを見ていると出産のシーンなどには夫婦で「ヒッヒッフー。」っとやっていますよね。
やはり出産時の呼吸法は、一般的にはこちらを想像するでしょう。

そもそも、呼吸法は、何のためにやるのでしょう。

1番大切なことは、お腹のあかちゃんに、たくさん酸素をおくってあげることですね。
陣痛で苦しくなってくると、ついつい、「痛いー!」と叫んだり、呼吸をとめて痛がってしまうののです。

お母さんが声を出していると、長い陣痛、疲れてしまいます。
また、呼吸をとめて、いきんだりしてしまうと、赤ちゃんに酸素がいきません。
そうすると赤ちゃんは、苦しくて、上手に出てこれなくなってしまいます。

呼吸法は、そのほかにも、リラックス効果もあるのです。
深呼吸などと同じような感じですね。

しかし、母親学級や、自分で本を読んでみたり、友達などに聞いても、実際できるのか心配になってしまいますよね。

妊婦さんは勉強熱心な方が多く、呼吸法を覚えたり、陣痛が何分おきになったら、どうゆう呼吸法をするかなど頭に詰め込んでいますよね?
しかし、呼吸法が上手にできなければ、出産ができないわけではないので、大丈夫ですよ。

いざ出産を目の前にすると、頭の中が真っ白になってしまう人も多いと思います。
でも、出産の時は看護士さんなどたくさんいて、一緒に呼吸をしてくれたりもします。
周りのスタッフの方たちは何回もの出産に立ち会っていますから、安心して身をまかせましょう。

呼吸法なども、医学的に基づいたものもありますが、何より、自分が楽だとおもう呼吸が1番です。

出産関連エントリー