出産後の母乳育児

今は、母乳のみ、混合、ミルクのみなど、赤ちゃんはいろいろです。
最近は、母乳のみで育てているというと、えらいなどと言われますが、本来は母乳育児が1番いいものなのです。

しかし、年齢の問題や、体、いろいろなことで、母乳育児ができない人もいます。

赤ちゃんにおっぱいを飲ませてあげることは、赤ちゃんにもいいですが、ママの体の回復も早めてくれるのです。
それに、おっぱいをあげている時、赤ちゃんもママの体温や心拍を感じて、心やすらかになっていることでしょう。
また、おっぱいをあげているとママもあかちゃんが可愛くてたまらないでしょう。

母乳は、初めから沢山出る人もいますが、頻繁に何回も何回も吸わせていると、自然と母乳の量も増えてくるのです。
生後2週間くらいまでは、30分おきにあげてもいいくらいだと思います。
また、赤ちゃんも沢山寝て、泣いて、おしっこもして、すぐにお腹がすきます。
何ヶ月になっても、おっぱいを1〜2時間おきにあげることは、決して悪い事ではないのです。

また、母乳が出なくなってしまったというママのほとんどは、すぐにおっぱいを欲しがるから、母乳不足だと思って、ミルクを飲ませています。
確かに、栄養が足りていないのではと心配になると思いますが、体重など極端に減っていなければ大丈夫でしょう。
母乳も、あげる回数を減らしていくと、だんだんと分泌されにくくなってきます。

しかし、何度もおっぱいおっぱいと泣かれると、疲れてミルクをあげてしまうママもたくさんいると思います。

出産関連エントリー