出産の兆候

出産の兆候は、主に3つあると言われています。

それは、おしるし、陣痛、前期破水の3つです。
母親学級などでも、この3つについてはよく話を聞いておくといいでしょう。

出産の兆候=入院のタイミングとなるわけです。
ですから、おしるし、陣痛、前期破水をよく理解して、あわてることのないようにしましょう。

一般的には、おしるしがあり、翌日くらいに陣痛が始まり、破水するという順番です。
しかし、お産ににはなにが起こるかわからないというのがつきものです。

陣痛の前にいきなり破水する人もいます。
おしるしがきてかた、何日かたって陣痛が来る人もいます。

おしるしは、出血のことをいいます。
まれに、おしるしではなく、何か別の出血のこともあるので、病院には出血があったことは必ず伝えましょう。

陣痛は、下腹部が10〜15分おきに規則的に起こったりします。
10分起きになったら、病院へ連絡するようにしましょう。

前期破水は、人によって量も違いますが、羊水が流れてきます。
生臭く、尿をもらしてしまったのかと、心配する人もいますが、匂いでわかると思います。

また、この3つの出産の兆候の前にも、この3つがくるという兆候があるのです。

まず、臨月に入ると、おなかが張そして、おりものの量も増えます。
お腹の中の赤ちゃんも、骨盤のる回数が増えてきます。
中に納まってくるので、あまり胎動が感なくなるでしょう。
急に胎動が減ってくると、赤ちゃんが元気がないのではと心配になる方もおおいですが、大丈夫です。

出産関連エントリー