出産育児一時金とは?

妊娠や、出産は病気ではないので、保険がききません。
つまり、全て、自費となってしまうのです。

妊娠してからの検診・検査・入院・分娩などすべて自費で払うのは、とても大変です。
そんな時に助かるのが、「出産育児一時金」です。

出産育児一時金は、ある程度、皆さんの負担を減らしてくれるでしょう。

では、この出産育児一時金は、全ての人がもらえるのでしょうか?

国民保険・健康保険に加入し、不払いなしに毎月保険料を納めている人が対象となります。
その方たちには、子供1人につき35万円が受け取れます。

35万円と聞くと、沢山もらえると思いますが、実際は、出産時の入院・分娩でなくなってしまうのです。
毎回の検診費などは、自分で払う事になりますね。

また、双子の場合はどうなるのでしょうか?
双子の場合は、35万円の2倍の70万円になりますが、出産一時金の請求用紙の証明欄、必ず「多胎」と書いてもらってください。
ここに双子だと言う事が書かれていないと、1人分の35万円しかもらえなくなってしまいます。

また、働いていない方も、パパの扶養に入っていて、収める分をしっかり収めていれば、健康保険から出ます。

金額は、勤務先が加入している健康保険や、国民健康保険、自治体などにより変わってきます。
場所によっては、35万円+αで、いくらかつくところがあります。

また、妊娠12週をすぎた方や、妊娠85日以上で死産や流産をした方も、「出産育児一時金」を受け取る事ができます。

出産関連エントリー