出産前のおしるし

出産直前だということを、知った理由の1つにおしるしがあります。
おしるし、陣痛、前期破水があれば、あなたはもうすぐ出産すると言う事なのです。

ここでは、おしるしについてご紹介します。

では、おしるしとはいったいどのようなものなのでしょうか?
これは、赤ちゃんを包んでいる卵膜がはがれた時に起こります。
子宮の入り口には、頚管部というものがあります。
ここに溜まっている粘液と入り混じって出てくる出血です。
これは、とても粘り気があり、少量です。

つまりおしるしがきたということは、子宮口が開いてきているという知らせなのです。
おしるしがあれば、いつ陣痛、破水があってもおかしくありません。
あまり遠出などは控えて、いつでも病院にいけるようにしておきましょう。
しかし、陣痛や破水がいつあってもあかしくないですが、即出産というわけではありません。
通常では、おしるしがあってから、2〜3日後といわれています。

早い人では、1日程度で出産するとも言われています。
長い人では、1週間たって、やっと出産というケースもあったようですが、問題はありません。

破水と違って、すぐに病院にいかなくても、感染の危険性なども少ないです。
おしるしがあっただけでは、入浴やシャワーなども大丈夫です。

まれに、大量の出血がある人もいるようでうが、おしるしはあくまでも少量の出血です。
何時間も続くようでしたら、病院に連絡してみましょう。

出産関連エントリー