自宅での出産

自宅出産をする際に、1番お世話になる人は、助産師さんです。
自分の信頼できる助産師さんを探し、たくさんお話を聞いてみましょう。

今まで普通に生活してきた自宅で産むというのは、なんだか不思議な気分になりますね。

自宅出産の妊娠中からの流れを簡単に説明していきます。

自宅出産の場合、妊娠中の健診は、自宅に助産師が来てくれます。
妊婦さんが、無事にお産へとすすめるように、いろいろな面で、アドバイスをしくれます。
しかし、出産まですべて助産師さんの健診というわけにはいきません。
一度は、医師の健診も受けなければなりません。

もしも自宅出産ができなかった場合などに、受け入れてもらえるように、お願いしておく必要もあります。
自宅出産をするためには、条件があるのです。
妊娠経過が順調なことと、37週に医師に自宅出産の許可をもらうことです。
これで初めて自宅出産が可能となります。

いよいよ出産ですが、陣痛や破水があったら、すぐに助産師に連絡をするようにしましょう。
陣痛が始まっても、日常生活を続けながら待っている場合もあります。

陣痛が強まってきて、分娩が進行してくると、助産師が2人つきそい出産のお手伝をしてくれます。

出産後は、胎盤が出た後、2時間程度は、助産師の方が自宅にいて、ママのお世話をしたり、赤ちゃんの体重を計ったり洗ってあげたりします。

2時間後、母子ともに問題がなければ、助産師は帰宅となります。

出産関連エントリー