出産の費用はどれくらい?

子供を出産する為には、どのくらいお金がかかるのでしょうか?

初めて妊娠した方などは、これらか、どのくらいのお金がかかってしまうのか心配してしまうと思います。

 

出産までに必要な費用は、主に定期健診にかかる費用だと思われます。

 

妊娠・出産は病気ではないので、健康保険が適用されないことは、ご存知の方は多いと思います。

その為、定期検診は自己負担となります。

 

例えば、1回の診察料は5千〜1万前後として計算してみましょう。

これを考えると、出産までにはかなりの額がかかることになります。

 

何回かの検診費用を負担してくれるなど、自治体によって様々ですが、費用を負担してくれるところも増えてきています。

病院の方からも、教えてくれるとは思いますが、あらかじめ自治体の方に確認しておくといいですね。

 

また、検診費用や産院への交通費は、確定申告の医療費控除の対象となっているようです。

その為、領収書は捨てずに、保管しておきましょう。

 

定期健診が終われば、あとは、出産する時にかかるお金ですね。

これは主に、分娩・入院費用となります。

こちらも、健康保険の適用外になるので注意してください。

 

病院によって分娩・入院費用は変わってきますが、基本的には全部で35万円前後と考えたほうがいいでしょう。

 

産後に申請すれば、「出産育児一時金」がもらえます。

自治体により、プラスαされるところもありますが、今は35万円となっています。